海外

五輪3連覇のアレクサンドル・カレリン氏が推測“政治的な意図がある”


グレコローマン130キロ級五輪3連覇のアレクサンドル・カレリン氏(45=ロシア)は
「陰謀論の支持者ではないが、IOC理事の立場を見れば明らか」と背景に政治的な
意図があると推測。「今回の決定があくまでも計画にとどまってほしい」と話した。

ロシア・オリンピック委員会のズコフ会長はIOCのロゲ会長にレスリングを中核競技に
戻すように求める書簡を送ることを明かした。またシドニー五輪でカレリン氏を倒し
優勝したルーロン・ガードナー氏(41=米国)は「死刑を宣告されたような気分」と語り
存続に向けたキャンペーンを行う意向を示した。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/02/14/kiji/K20130214005188810.html

513295_c450


続きを読む

「すべてを兼ね備えた選手」イタリアメディアが吉田麻也を紹介

イタリアメディアがCB吉田を紹介:「すべてを兼ね備えた選手」

 イタリア『Calciomercato.com』は、イングランド・プレミアリーグのタレントを紹介する
シリーズ記事の中で、13日にサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也を取り上げた。

 過去にイタリアの複数のクラブで技術顧問を務め、現在はスイス1部リーグのクラブで
仕事をしているというマウロ・ミルコ・マゾーニ氏は、吉田について次のようにコメントしている。

「一目見ただけで魅了されるような選手は滅多にいないが、この日本人センターバックには
どんな形容詞も当てはまらない。彼は全てを兼ね備えているからだ」

「日本が輩出する選手は軽視できるものではない。長友(佑都)と香川(真司)は名門クラブで
レギュラーとしてプレーしているし、ブンデスリーガには興味深い日本人選手が何人もいるからだ」

 所属クラブでも日本代表でも、ほぼ一貫してセンターバックのポジションで起用されている吉田だが、
ユース時代まではボランチとしてプレーしていた。今でもその適正は残っているようだと、
マゾーニ氏は指摘している。

「動きが機敏で、戦術的なインテリジェンスがあり、ポジショニングのセンスの良さを生かして
ボールの行き先を読むことができる。中盤の選手のような技術があり、そのポジション(中盤)で
起用されることがあっても私は驚かないだろう」

「非常にスピードがあり、フィジカルが強く、空中戦も得意としている。(アルベルト・)ザッケローニは
彼を高く評価しており、常にレギュラーとして起用してきた。プレミアリーグでも連続出場を続けており、
サウサンプトンとは2015年までの契約を結んでいる」

 サウサンプトンでは初スタメン以来22試合連続のフル出場を続け、残留を目指して奮闘するチームの
一員として一定の評価を得ている吉田。今後イタリアの移籍市場でも注目が高まってくる可能性も
あるかもしれない。

Goal.com 2月14日(木)0時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000030-goal-socc
20130214-00000030-goal-000-0-view
 


続きを読む

レスリング除外、強豪国ロシアも反対「レスリングなしのオリンピックを想像することなどできない」


レスリング除外、強豪国ロシアも反対「レスリングなしのオリンピックを想像することなどできない」

2020年のオリンピックで、レスリングが実施競技から外れる候補になったことについて、
レスリングの強豪国、ロシアのオリンピック委員会も反対する考えを示しました。

ロシアオリンピック委員会のジューコフ会長は、13日、モスクワで記者会見し
「IOC=国際オリンピック委員会は驚くべき決定をした。
レスリングなしのオリンピックを想像することなどできない」と述べました。

そのうえで、「レスリングを実施競技として残すようIOCに対して、あらゆる働きかけを
行っていく」と述べて、ロシアオリンピック委員会として、今回の決定に反対していく考えを示しました。

ロシアは、ソビエト時代からレスリングの強豪国として知られ、
去年のロンドンオリンピックでも、男女で合わせて11個のメダルを獲得して、参加した国の中で最も多く、
今後、レスリングを競技種目として残すよう日本や旧ソビエト諸国などとの連携を図っていくものとみられます

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130213/t10015502671000.html

関連スレ
【五輪】レスリング除外候補にアメリカ反発「もうオリンピックなんか見ない」「IOCへ怒りを覚える」「伝統をどう考えているんだ」★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1360756984/


続きを読む

長友佑都、レアル・マドリードからの関心に「名誉」と喜ぶもインテル残留を強調

長友佑都、レアル・マドリードからの関心に「名誉」と喜ぶもインテル残留を強調

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、レアル・マドリードへの移籍の噂を否定した。

スペイン紙『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

 記者団の質問に応じた長友は、「(移籍の噂について)名誉なことですね」と、レアル・マドリードからの関心を喜びつつ、

「でも今はインテルでのパフォーマンスのことだけを考えています。セリエAに集中したいです」と続け、インテル残留を強調した。

 レアル・マドリードは、ポルトガル代表DFファビオ・コエントランの退団が噂され、後釜として長友の名前が挙がっていた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/7341714/?type=latest&category=504
vlfootball005277


続きを読む

FIFAが韓国Kリーグの41選手を永久追放すると発表!

FIFAが韓国Kリーグの41選手を永久追放すると発表!

 2011年に約50人の逮捕者を出した韓国Kリーグの八百長問題で、国際サッカー連盟(FIFA)は9日、41選手を永久追放すると発表した。

 41選手はKリーグと韓国サッカー協会から永久追放処分を受けている。このうち八百長への関与を認めた21選手については、復帰の道も残された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00001190-yom-socc


5分で振り返る韓国スポーツの歴史 不正・八百長

続きを読む
ページランキング

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
ツイッター
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天
QRコード
QRコード
免責事項
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。

著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除致します。

又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切関知しておりませんので
ご利用の際は自己責任にて対処して下さいますようお願いいたします。

メールフォーム

ブログパーツ
  • ライブドアブログ