サッカー

「すべてを兼ね備えた選手」イタリアメディアが吉田麻也を紹介

イタリアメディアがCB吉田を紹介:「すべてを兼ね備えた選手」

 イタリア『Calciomercato.com』は、イングランド・プレミアリーグのタレントを紹介する
シリーズ記事の中で、13日にサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也を取り上げた。

 過去にイタリアの複数のクラブで技術顧問を務め、現在はスイス1部リーグのクラブで
仕事をしているというマウロ・ミルコ・マゾーニ氏は、吉田について次のようにコメントしている。

「一目見ただけで魅了されるような選手は滅多にいないが、この日本人センターバックには
どんな形容詞も当てはまらない。彼は全てを兼ね備えているからだ」

「日本が輩出する選手は軽視できるものではない。長友(佑都)と香川(真司)は名門クラブで
レギュラーとしてプレーしているし、ブンデスリーガには興味深い日本人選手が何人もいるからだ」

 所属クラブでも日本代表でも、ほぼ一貫してセンターバックのポジションで起用されている吉田だが、
ユース時代まではボランチとしてプレーしていた。今でもその適正は残っているようだと、
マゾーニ氏は指摘している。

「動きが機敏で、戦術的なインテリジェンスがあり、ポジショニングのセンスの良さを生かして
ボールの行き先を読むことができる。中盤の選手のような技術があり、そのポジション(中盤)で
起用されることがあっても私は驚かないだろう」

「非常にスピードがあり、フィジカルが強く、空中戦も得意としている。(アルベルト・)ザッケローニは
彼を高く評価しており、常にレギュラーとして起用してきた。プレミアリーグでも連続出場を続けており、
サウサンプトンとは2015年までの契約を結んでいる」

 サウサンプトンでは初スタメン以来22試合連続のフル出場を続け、残留を目指して奮闘するチームの
一員として一定の評価を得ている吉田。今後イタリアの移籍市場でも注目が高まってくる可能性も
あるかもしれない。

Goal.com 2月14日(木)0時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000030-goal-socc
20130214-00000030-goal-000-0-view
 


続きを読む

猶本光、U-19日本女子代表主将に 吉田弘監督「経験ある選手」


猶本光、U-19日本女子代表主将に 吉田弘監督「経験ある選手」

1 :宵宮祭φ ★ 2013/02/10(日) 00:19:02.88 ID:???0
猶本光、「経験ある選手」とU19主将に

 U-19日本代表の吉田弘監督(54)が、大分での日本女子代表候補合同合宿2日目となった
9日、MF猶本光(18=浦和)をU-19代表の主将に任命する意向を示した。

 午前中の練習終了後に「猶本にやらせようと思っています。経験がある選手ですし、
彼女が中心になれば、自分でもグラウンドでやらなきゃいけないという部分が出てきますから」
と理由を説明していた。

日刊スポーツ 2月9日(土)15時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130209-00000026-nksports-socc
前半、ゴール前でシュートするU19の猶本
20130209-00000026-nksports-000-4-view


続きを読む

ベガルタ仙台って知ってますか? 幼稚園児たち「知らな~い」 その後ベガッ太が現れ大人気


ベガッ太、幼稚園を訪問もチームは「知らな~い」…仙台

 仙台のマスコット・ベガッ太が28日、宮崎・延岡市内の3つの幼稚園を訪問した。
「(イヌワシなので)仙台から飛んできた」と、今年で13年目となる延岡キャンプに初登場。
「ベガルタ仙台って知ってますか?」という問いには「知らな~い」と素っ気なかった園児たちも、
ベガッ太が姿を見せると「大き~い!かわいい!」と大興奮。踊りながらじゃんけんをしたり、
PK対決をしたりと、約100人の園児は大満足の様子だった。
関係者は「来年以降も継続していけたら」と、定期的な交流に意欲を見せた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/tohoku/soccer/news/20130129-OHT1T00102.htm
子供たちに大人気のベガッ太(中央)
20130129-098970-1-L


続きを読む

セルジオ越後「サッカーではないけれど、プロスポーツの世界にも、いまだに“鉄拳制裁”をする名物監督がいる」

セルジオ越後「サッカーではないけれど、プロスポーツの世界にも、いまだに“鉄拳制裁”をする名物監督がいる」

271d6de8

折しも全国高校サッカー選手権が行なわれていた最中に、残念なニュースが飛び込んできた。

大阪のバスケットボール強豪高校で、顧問の体罰を受けた生徒が自殺してしまった事件のことだ。自ら命を絶つ決断をするまでに追い詰められた生徒、遺族の気持ちを思うと本当に心が痛むね。

それにしても、この事件についての「こんなひどい体罰が行なわれていたのか」「許せませんね」という紋切り型の報道には違和感を覚える。

だって、以前よりもかなり減ったとはいえ、体罰自体は昔から日本の教育に存在してきたもの。いきなりその学校だけで起きたわけじゃない。

今回は生徒の自殺でひどい体罰が明るみに出たわけだけど、もし全国すべての学校の部活を調査したら、もっとひどいケースもたくさん出てくるはず。

それをすべて処分するなら、あらゆる競技の、あらゆる強豪校の部活が成り立たなくなると思うよ。

サッカーではないけれど、プロスポーツの世界にも、いまだに“鉄拳制裁”をする名物監督がいるくらいだからね。それを黙認しておきながら、今回の一件だけで体罰の問題を語るのは無理がある。

僕は日本に来て40年。少年サッカーの指導で各地を回って、実際にそういう現場を目撃したこともある。

最近でこそ指導者の意識も変わってきて、練習中に水を飲むことも当たり前になったけど、それでも丸刈りや声出しの強制、フラフラになるまで追い込む練習なんて、ブラジル人の僕から見たら体罰と同じ。

世界的にもなかなか理解されにくい。僕が知る限り、学校スポーツの現場でそんな指導が行なわれているのは日本と韓国など東アジアくらいだ。ブラジルで先生が手を上げようものなら、生徒が殴り返すよ。

http://wpb.shueisha.co.jp/2013/01/24/16720/


続きを読む

バスで8時間かけて館山へ…モンテディオ山形キャンプイン

バスで8時間かけて館山へ…モンテディオ山形キャンプイン

山形 バスで8時間かけてキャンプイン

 2013年の“屋外初蹴り”を楽しんだ。J2山形は23日、千葉・館山でキャンプイン。
インフルエンザで離脱していた相馬ヘッドコーチとDF小林は復帰したが、急性虫垂炎で
20日に手術したFW林をのぞく25選手が参加した。山形ではできなかった
ロングボールの確認など、グラウンドを走る喜びをかみしめるように約2時間の練習。
奥野僚右監督は(44)は「ピョンピョンと身も心も弾んでいたね」と笑顔で初日を振り返った。

 早朝6時15分に出発し、約8時間のバス移動の疲労も感じさせなかった。
ダッシュを含めた約20分間のランニングにも、DF西河は「全然走ってない」と余裕の表情。
昨年よりキャンプ前の準備期間が長く「初日としてはボリュームがあった」(奥野監督)
という内容でも、全員が軽快な動きを見せた。今日24日からは、
早くもボールを使った練習を増やしていく予定だ。

 練習メニューにも表れているように、今年は意気込みが違う。MF広瀬は髪を短く切り
「中心選手にならないといけない年」と気合十分だ。昨季の悔しさを晴らすためにも、
第1次キャンプから手は緩めない。

[2013年1月24日9時45分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20130124-1075936.html
離脱していた相馬ヘッドコーチ(左)とDF小林も元気に復帰
sc-thk-0124-soma-ns-big


続きを読む
ページランキング

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
ツイッター
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
楽天
QRコード
QRコード
免責事項
当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。

著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除致します。

又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切関知しておりませんので
ご利用の際は自己責任にて対処して下さいますようお願いいたします。

メールフォーム

ブログパーツ
  • ライブドアブログ